上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京V0-0千葉

肉フェスで賑わう駒沢公園へ行ってきましたよ。
11時頃に行った段階では思ったほどの大混雑ではなくて、並びの長い所でもちょっと辛抱すれば買えなくはなさそうだったけど。1400円という価格設定のところが多くて、普段スタグルを食べ慣れてる金銭感覚ではちょっと手が出ない。とりあえず、比較的空いていて700円で食べられる、スロヴェニア大使館が出品していた"VISOKO"(通称"ネイツ・ペチュ肉")という料理を購入。カレーのような香料の効いたお肉で、おいしかったー。
肉フェスはそこそこに退散して、駒沢陸上競技場へ。食糧難民になったら困ると思って駅前のパン屋さんで買い物したらサービスしてくれた食パンが1枚あったので、喜作のソーセージ盛りを買ってきて、パンに挟んで即席ホットドッグにして私的肉フェス。ああなんかもうこれで充分満足!
ソーセージをもしゃもしゃと食らいながら思ったのは、ああ、肉フェスみたいなの毎週のように体験してるじゃないかってこと。
しかも、その土地によって特色のあるバラエティ溢れる食べ物を。サッカーの試合というオマケまで付いて。
肉フェスだけを目的に駒沢公園に来ている人々にはきっと知られていないような世界を、好きなチームのレプリカを来ていろんなところを駆けまわっている自分たちは、知っているんだ。
なんて素敵なことなんだ!

そして、自分たちのフェスティバルは、いつまでも終わらないんだ。


肉は食べ足りなかったなあという気持ちが残っているので。
次の土曜日、ちょっと私的うどんフェスを開催しに行ってきます。(骨付鶏フェス含む)

もちろん、食べ足りないのは肉だけの話じゃないけどな。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。