上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JFL 1st.stage 第11節
ブリオベッカ浦安3-2ヴェルスパ大分

ブリオベッカ浦安、今季2度目の観戦。

前半は完全に大分のゲーム。3-6-1の並びで非常にコンパクトな布陣。強烈なプレスでボールを奪い、そのまま前に人数を掛けて畳み掛ける攻撃。浦安はほとんどの時間を自陣に押し込まれ、その流れのままに失点。
しかし後半に流れが変わる。浦安は、大分の高い位置に設定された3バックの脇や裏を狙って走り、速いパスを出し続ける。徹底的に、執拗に。その姿勢が相手の足を止めることになり、形勢逆転。2度のセットプレーから得点を奪って逆転!特に2点目、実に美しい軌道を描きながらゴールに吸い込まれる竹中選手の直接フリーキックは、なかなかお目にかかれないスーパーゴールだった!
その後、大分にPKを与えて一度は追い付かれるも、アディショナルタイムに右サイドを突き抜ける鮮やかなロングカウンターから勝ち越しゴール!劇的に試合を制した!

ブリオベッカ浦安の試合は、関東リーグ時代に何度か観たことがあって、その頃は相手との力量差で圧倒的にボールを持てていた。中盤を制圧できるので優位に立てるのだけれど、それ故の詰めの甘さも散見されたし、カテゴリーが上がったときにどうなるのだろう、という思いはあった。
そして今年、JFL第2節のHONDA FC戦を観たのだけれど、ボールを保持しようとする従来のスタイルで真っ向からぶつかり、やはり力量差で完敗していた。

大分戦の戦い方は、おそらくは本来実現しようとしているサッカーとは違うのだろう。だけど、眼前の試合に勝つために相手の弱点を突くプランを立てて、そしてそれを徹底して実行する(そして実際に勝利を掴む!)チームとしてのまとまり、そういう事がチームとしての成長なんだろうなと思った。

ヴェルスパ大分は、実に強靭な素晴らしいチームだった。そして、そのチームを破ったブリオベッカ浦安も素晴らしい。勝利のためにしっかりとした狙いを持ったチーム同士のぶつかり合い。それが楽しいんだよね、サッカーって。単純にカテゴリーが上のリーグのほうがより面白いという訳ではない。どんな所にも、素晴らしいサッカーは存在する。
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。