上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちばぎんカップを観戦して、ヤン・フェルシュライエン監督が就任した頃のジェフを思い出した。
当時、中堅メンバーをごっそりと解雇して刷新されたチームは、選手の能力を度外視したかのような猛烈なプレッシングで、開始10分でピッチ上の選手たちが力尽きてしまうようなサッカーを展開していた。
フェルシュライエン監督下ではこれといった成果を残せず、その後、何度も監督が交代された。ただ、祖母井GMの志向するチームは、それぞれの監督でディテールは異なるものの、組織で相手ボールを狩りにかかるアグレッシブな守備という点では常に共通していた。
それが、イビチャ・オシム監督下での成功に繋がっていった。

2/17発売のエルゴラッソに掲載された羽生直剛選手のインタビューを読んだ。
選手としてのピークが過ぎた今、J2のジェフユナイテッド市原・千葉へ移籍することで生じるリスク。そのリスクを負ってまでも新しいチャレンジを選択する意識。その攻撃的な意識に、やはりイビチャ・オシムの下で育った選手であるということが感じられた。

歴史は、そこで育った選手の中に息づいていた。
そして。今のクラブの中には、チームの中には、何も根付いていない。


はっきりと言うけど。自分は、関塚監督のチームが嫌いだった。
年間を通して積み上げていくものが何もなく、開幕をピークとしてただただ弱体化していくだけのチーム。
15シーズンの最終節などクラブ史上最悪の試合だと思ったし、メンバーが刷新された16シーズンは、その最悪な15シーズンの倍速再生を見ているかのようだった。
だけど同時に、本当にジェフらしいチームだな、とも思っていた。
少しずつ力を積み上げる努力を放棄して、現状のままで成果を出そうとする。それで結果が出なければ、やっていたことを簡単に放り投げる。
まさに、祖母井GMが去った後のジェフユナイテッドというクラブを象徴するかのような姿だったように思う。


本当に何もなくなってしまった今から始まる、これからの時間。
今始めたことから何かを積み上げて行くのか。
何かを壊し続けていくのか。
どちらの歴史を繰り返すのか。

正直言って、信頼も期待もないけれど。
願いはある。

強くなるために必要なことを、怖がらずに続けて欲しい。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。