上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉4-3讃岐

この試合を最後の最後に劇的に盛り上げた、いや、盛り上げてしまった原因になったプレー。
アディショナルタイムにカウンターアタックに打って出て、結果的に危険なボールロストに繋がってしまった。
賢いプレーではない。狂っている、とも言えるだろう。
しかし。狂ったチームだからこそ、この試合の勝利はあった。
大久保選手の退場による数的不利、1点ビハインド。この状況でPKを得て追い付く。常識的に考えれば、プレー再開を出来るだけ遅らせて時間を稼ぐべき場面だろう。しかし、PKを決めたラリベイ選手はすぐさまボールを抱え込み、センターサークルへ走る。
狂気を感じた。
そして、その狂気が、逆転ゴールを呼び込んだ。

エスナイデル監督のもとでスタートした今年のジェフ。極端なハイラインとハイプレス、そのピッチ上の狂った光景は大きなインパクトをもたらした。しかし、シーズン開始当初、選手たちは狂い切ってはいなかった。特にアウェイの戦いで顕著だったのだが、相手に先手を打たれると急に弱気になり、しかし形としてのハイラインだけは保ったままになってしまい、脆さを露呈していた。
しかしここに来て、最初から最後まで失われることのない攻撃性がチームに浸透してきた。
狂気を孕んだ情熱が、チームに宿ってきた。


この狂気は、いつまで続くものなのか。冷静に考えてしまえば、エスナイデル監督一代で終わってしまうものなのだろう。
ジェフユナイテッド市原・千葉というクラブには、長い目でひとつのチームカラーを育てていくという思想は、無い。全ては結果ありき、である。そして今のサッカーでは、結果(つまりJ1昇格)を得るのは難しいだろう。いくら高い攻撃性を持っていても、この守備の脆さではリーグを安定して戦い抜くことは出来ない。
仮にエスナイデル以降も姿勢を変えない、という考えがあったとしても、それは高橋GMが在籍している間だけのことだろう。強化責任者さえも、結果が出せなければ短期間で交代させられてしまうクラブである。高橋GMの任期は3年のはず。つまり、来年までにJ1昇格を果たせなければ、今やっていることは全て白紙になり、また別のことをゼロから始めることになるだろう。そういうクラブだ。

だからこそ。
今のサッカーで結果を出して、この先も続いていくことがあれば。
もしくは、結果以上の価値が今のサッカーから見いだされ、この先への基盤となっていけば。

ジェフユナイテッド市原・千葉というクラブが、この狂気に蝕まれていくことがあれば。

とても面白いことになるだろう。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。