上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉2-0水戸さん

開幕2連勝!!!うおおおお!!!

J2に舞台を移してからは、2011年以来だよね?そしてあの年は震災によって日程が分断されてしまっていたので、純粋に開幕から2週連続で勝ったのは、J2初!いよっしゃあああ!

新加入のペチュニク・金井のゴールによってフクアリで勝てたということは素晴らしい!でもそれ以上に、パウリーニョの大活躍が輝いてた!圧倒的なボール奪取力と、そこからの前への推進力!凄い戦力が加わった!
だけど、それはパウロ一人だけのことではないんだよな。チーム全体に、球際で負けない強さが見られた。たとえボールを奪われたとしてもその瞬間に切り替えて奪い返しにかかる、例年はなかなか出ていなかったあと一歩が、今日はたくさん見られた。走り負けない。競り負けない。そういう意識が植え付けられていた。

今までを全部否定するつもりはないんだけど。
今までのチームは、昇格候補筆頭だという意識、強いという意識を前提として、あまり相手を見ずに理想のサッカーを追及するというロマンティックな部分があったのではないか。それが、チームのひ弱な部分になっていた。
今日フクアリで見たチームは、まずは眼前の相手に絶対負けない、という、極めてリアリスティックな部分からサッカーを始めていたように思う。
上手い選手を並べているだけでは勝てない。相手以上に闘わなければ勝てない。そういう当たり前といえば当たり前なところから、謙虚に始めていたように思う。
やっとで、このJ2という厳しい土俵に乗るだけの準備が出来たんじゃないかな。

「上手い選手」の代表格、技術の高さで昇ってきたけど対人での弱さを見せていた遥也が、自分からガツガツと追ってぶつかって闘っていた。こういうのが本当に嬉しいんだよ。

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。